2007年08月01日

同級生

4062633426同級生 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社 1996-08

by G-Tools
「放課後」に続く学園ミステリー物第2弾!(たぶん)

珍しく東野さん自身でつけた「あとがき」がある作品ですねぇ。
私は「あとがき」、初めて見ました・・・。
その中に、「学校の教師が嫌いだった。」てあるんですが、
この作品にはそれがよく出てたんじゃないかな・・・。
厳しい教師。汚い大人。歪んでるとも思えるくらいのキャラクターがなんとなく怖いです。
こんな先生だったら、たぶん誰でも嫌いになるでしょ・・・って感じの・・・。

お話の内容はあんまり書けないんですが・・・(上手にまとめる力がないからorz)
序盤から中盤にかけて散りばめられた伏線が綺麗に収束していく感じは流石と思わせられますね。
posted by ふぇび〜 at 21:36| Comment(1)| TrackBack(1)| Shopping
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2009年11月25日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

同級生 東野圭吾
Excerpt: 宮前由希子が車に撥ねられた。彼女は俺の子を身篭っていた。 由希子は信じたまま死んだ。やがて俺は衝撃の事実を掴んだ。 自分の気持ちに...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-11-25 16:00