2016年05月23日

[OAC][不死] 常闇ノ国の常闇ノ魔女

MOD:OAC0.54a
指導者:常闇ノ国の常闇ノ魔女(宗教・詠唱・蛮族・次元の達人・邪悪)
大陸:フラクタル 小さい
気候:温帯
海面:中
ラップ:円筒形
AI:7人
他:迅速・活気ある世界・名所旧跡すべて
常闇ノ魔女
地獄の地形や資源から様々なボーナスを得ることのできる文明。
秘術系邪悪文明は楽しい!
宗教志向:
・無政府状態なし
・無償の昇進(潜在力、+1 任意の昇進)
 ・信奉ユニット
・生産速度2倍:宗教の神殿、神々の神殿
・次の建造物から+1:各宗教の神殿、聖北の大神殿

詠唱志向:
・無償の昇進(詠唱者)
 ・偵察ユニット
 ・弓術ユニット
 ・騎乗ユニット
 ・白兵ユニット
 ・秘術ユニット
 ・信奉ユニット

蛮族志向:
・-10%
・蛮族と平和的な関係で開始

次元の達人:
・秘術ユニットの精神集中ランクに応じた
 次元の昇進を無償で与える

初期立地。右上にいるカラビムは拡張できないように蓋をしたので狭く、もはやただの餌国家。
左下のバンノールと左上のラヌーンは我が国をロックオン状態。

外交問題はあまり深く考えずとも、常闇ノ国は邪悪であり、かつ宮殿からは死のマナと不可逆のマナという外交にマイナスの補正がかかるマナが出てるおかげで確実に戦争が起きる。
つまりは好き勝手できるというプレイヤーに優しい文明。生き残れればの話だけど。

早速カラビムからの宣戦布告。
術使いが強い文明なので最初に生まれた賢者でエーテルの知識を獲得して骸骨R。
骸骨Rは生産コストを抑えつつ戦争にも勝てる素晴らしいRだと思う。

カラビム戦が一段落したところでバンノールからの宣戦布告。
来ると分かってるので対処は余裕、とは言うもののやはり術使いを魔術師にUGできないのがそろそろ辛い。
このときの戦争はランダムイベントで一旦停戦できたのと、クアリから秘薬を仕入れることができたのでラッキーだった。

一触即発。
さすがにAI2人を相手に真正面から戦争をするにはユニット数不足。戦争は数だ。
やっと秘術の伝承知識を終えてこれから教授、常闇ノ皇、クロウといった英雄を出そうというところなのに...。

で、最初に痺れを切らしたのはラヌーンの方。
睡眠で呪文低効率を下げ、倦怠で戦闘力を下げ、闇で攻撃できなくして、召喚ユニットで殴るというコンボ。
くっそ汚い戦い方だとしても、そんなことは知らん!

予想通りのバンノール参戦。
詠唱志向によって再詠唱が可能で、自身が殴ってもそこそこ強い秘術ユニットが揃ってるのでまだ捌ける。
ラヌーンはダンウィッチを占領できる程殴ったのでしばらくは時間が稼げそう。

還魂術は正直初めて使ったので仕様を把握しておらず...。
詳細は⇒情報局内の専用ページへ丸投げ。
人口を大量に消費する還魂はいらない都市を破壊するついでにやればいいかなって感じかな。

この後は教授が攻城用ゴーレムの直観の王君を召喚してリッチへの転生も使いつつの死霊Rで大反撃。
...っていう予定だったけど、実際は敵の暗殺者に魔術師を殺されたり、都市にこもった火縄銃兵に苦戦したりって感じでグダグダと戦争が長引いた挙句、ジリ貧のまま負けましたとさ(ヽ'ω`)

------
魔方陣を作っていくと賢者がを出すようになるので、魔方陣でもオススメ。
魂返しが実行できてバルバトスが仲間になれば、もうそれだけでかなり強い。
ヴィールに改宗して弱肉強食で人口爆発を起こし、奨学金制で賢者大量雇用からの魔方陣で確保ってのが邪悪文明の一つの理想形なのかな。

教授は0.55から直観の王君の製造がなくなったけど、本来なら意思の力までやらないと作れない大魔道が早い段階で得られると考えるだけでも十分な性能なのかな。
ランク3の秘術は個人的には死Vがお勧めで、死霊は敵のスタックに衰弱をかけるので殴り放題になる。
リッチへの転生を見越して屍霊の塔も建てれば宮殿マナとあわせて死のマナが+2個で親和力的にも美味い!

プレイで負けはしたけど、やっぱり邪悪の秘術系文明は楽しい!

posted by ふぇび〜 at 16:51| Comment(0)| TrackBack(0)| Civilization
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック