2016年01月18日

[OAC][不死] リネージのジョリスターペン 前編

MOD:OAC0.52a
指導者:リネージのジョリスターペン(宗教・万能・無神論・善良)
大陸:フラクタル 小さい
気候:温帯
海面:中
ラップ:円筒形
AI:7人
他:迅速・活気ある世界・名所旧跡すべて
以前リタイアしたリネージで、今回は指導者を変えてリベンジプレイ。
ジョリスターペン
宗教志向なのに無神論ってどういうことや?
宗教志向:
・無政府状態なし
・無償の昇進(潜在力、+1 任意の昇進)
 ・信奉ユニット
・生産速度2倍:宗教の神殿、神々の神殿
・次の建造物から+1:各宗教の神殿、聖北の大神殿

万能志向:
・新規のユニットに+2:経験ポイント
・都市で感謝祭がランダム発動(に余裕が必要)
・+1:すべての都市
・+1:すべての都市
・-25%:社会制度の維持費
・+10%:すべての都市
・+5%
・+5%
・+5%
・次の建造物から+1:記念碑

無神論志向:
・ユニットは信仰を持たない
・+50% 大儀式の遂行
・建設可能:無神論者、聖北の大神殿
・国教を制定不可
・都市に宗教が広まる確率低下

首都ラヴァハキア建設
再誕の時代1季-春 [1T] :
 首都ラヴァハキア建設。
 ちょっと残念な感じの首都立地だが周辺は良さそう。
再誕の時代3季-春 [2T] :
 国民国家採用。
 戦士代替のレギオンは道の敷設と兵站基地の建設が実行可能。
 リネージにとって重要なユニットになるので少しでも早く作っておく。
 今回は宗教志向を持つ指導者なので革命も気軽に。
国民国家:
 低額の維持管理費
 ・+15% 軍事ユニット生産
 ・-25% 厭戦感情
 ・+1:城塞防壁、練兵場
再誕の時代18季-春 [12T] :
 首都ラヴァハキアでグッドレオーの大理石像が完成。
 リネージといえばこれ。
 溢れ出る偉大な指揮官を使って強力な軍による制覇勝利を目指すのが目的。
グッドレオーの大理石像:
 +4、+2(偉大な指揮官)
 ・新規ユニットに冒険者を与える(全都市)
 蛮族の強いOACでは初手での遺産建造はお勧めしない。
 が、リネージは宮殿から石材と大理石が得られるのでかなり素早く建てることができる。
 さらに、偉大な指揮官の偉人ポイントを出すUBがあるため、リネージとしては最優先で建てたい。
再誕の時代37季-秋 [25T] :
 未知の指導者が世界呪文「再構築」を使用。
 ラスボス候補のノービアイがどこかにいるらしい。
再誕の時代42季-春 [28T] :
 1人目の偉人誕生。大指揮官。待機。
 早速誕生。まだ使い道がないので待機。

 最初に生まれる大指揮官の使い道はだいたい4通り。
 1.指揮所の建設
 2.定住
 3.青銅器ジャンプ(採鉱が必要)
 4.弓術ジャンプ(狩猟&道具の作成が必要)
 状況に合わせてお好みで。

第2都市ロガム建設
再誕の時代55季-秋 [37T] :
 第2都市ロガム建設。
 全然探索してないからもう蛮族都市ができてる。
 シェアイムが南にいて、東は海岸線が薄っすらと見えるのでおそらく無人。
再誕の時代58季-秋 [39T] :
 待機していた大指揮官で青銅器ジャンプ。
 蛮族都市が既にできていて未探索の場所も多いので、蛮族対策のために斧兵を急ぐ。

 個人的に蛮族対策用ユニットの優先順位は「斧兵>狩人≧弓兵」って感じ。
 自分から殴って倒せるユニットじゃないと意味がないので、やっぱり斧兵が一番。
 狩人は対蛮族斧で事故る率が高いものの、追跡術自体が重要な技術なのでついでに作れればという感じ。
 狩猟小屋から鷹を出して狩人に搭載するところまでいけば移動しながら周囲の視界を確保できる。
 弓兵は斧兵や狩人みたいな殴るユニットを補助するユニットなので単独だとあまり意味がない。
再誕の時代63季-春 [42T] :
 教育取得。奴隷解放を採用。
奴隷解放:
 高額の維持管理費
 ・成長率増加 +100%:地形改善
 ・+15% 建造物の建設
 ・+50% 厭戦感情
 ・1人の専門家を全都市に追加
 ・+1:大農園から
 ・+1:巡業サーカス
 ・+1:薬草師

兵站基地の都市化第3都市ノエル建設
再誕の時代73季-秋 [49T] :
 第3都市ノエル建設。
 たった67で兵站基地を都市化できる。しかも文化力と防護柵のおまけ付き。
 これによってリネージは本来開拓者に割くをレギオンに回せる。

 すぐ南に見えてた蛮族都市で赤炎竜アケロンが誕生。
 蛮族対策を厚めにしないといけなくなった...。
再誕の時代76季-秋 [51T] :
 猛将シュトゥルムから宣戦布告。
 猛将シュトゥルムがエロンカル卿に宣戦布告。
 猛将シュトゥルムが柱守ヤーヴェに宣戦布告。

 戦争狂志向による自動宣戦が発動。どこにいるかも分からないので放置。

第4都市ニーダスウィング建設現人神制、人文主義を採用
再誕の時代82季-秋 [55T] :
 第4都市ニーダスウィング建設。
 魚、塩を利用して丘陵の鉱山からを出す序盤の軍事生産拠点となる予定。
再誕の時代111季-秋 [74T] :
 2人目の偉人。大指揮官。ニーダスウィングに指揮所を建設。
 3人目の偉人。大指揮官。ニーダスウィングに定住。
 リネージは文明の持つ特性によって偉人誕生時に追加の偉大な指揮官を得ることがある。美味い。
再誕の時代112季-秋 [75T] :
 現人神制、人文主義を採用。
現人神制:
 高額の維持管理費
 ・+10% 距離による都市維持費
 ・+50%:首都
 ・+50%:首都
人文主義:
 中程度の維持管理費
 ・+50%:全都市
 ・1都市の1につき+1
 ・+10%、+10%:全都市
 ・+1:農場から
 ・+1:各宗教の神殿
 ・+1:酒場、図書館
 ・必要条件:無神論志向

 エロンカル卿が猛将シュトゥルムと和平。
 同時に猛将シュトゥルムがエロンカル卿に宣戦布告。
 仕方ないね、戦争狂志向だからね。

 猛将シュトゥルムによって終末への大儀式「皐の病」発動。
再誕の時代114季-春 [76T] :
 猛将シュトゥルムがネクロゾールに宣戦布告。
 ネクロゾールが世界呪文「死の行進」を使用。
再誕の時代115季-秋 [77T] :
 柱守ヤーヴェが猛将シュトゥルムと和平。

大賢者定住
再誕の時代130季-秋 [87T] :
 ランダムイベントによりノエルに大賢者が定住。美味し!
 猛将シュトゥルムが柱守ヤーヴェに宣戦布告。
再誕の時代136季-秋 [91T] :
 ネクロゾールが猛将シュトゥルムと和平。
再誕の時代139季-秋 [93T] :
 3人目の偉人誕生。大指揮官。ニーダスウィングに定住。
再誕の時代141季-春 [94T] :
 猛将シュトゥルムによって終末への大儀式「黒い雨」発動。
再誕の時代145季-秋 [97T] :
 ヘルネが世界呪文「伝説」を使用。
再誕の時代147季-春 [98T] :
 猛将シュトゥルムがヘルネに宣戦布告。
 エロンカル卿が猛将シュトゥルムと和平。
再誕の時代151季-秋 [101T] :
 猛将シュトゥルムがネクロゾールに宣戦布告。
再誕の時代160季-秋 [107T] :
 4人目の偉人誕生。大指揮官。ノエルに指揮所を建設。
 ノエルは今後モアイ像を建てて中盤以降メインの軍事生産拠点とする予定。
 というわけで、今後の指揮官定住先はこっち。

エロンカル卿に宣戦布告重バリスタによる砲撃
再誕の時代162季-春 [108T] :
 重バリスタの数が十分増えてきたのでエロンカル卿に宣戦布告。
 猛将シュトゥルムがエロンカル卿に宣戦布告。


 機動力の昇進が付いた重バリスタで間接攻撃を浴びせてから移動。
 これで反撃を恐れることなく進軍できる。しかもこの間接攻撃がめっちゃ強い。

大量消費、庇護制を採用ヒョール占領
再誕の時代163季-秋 [109T] :
 大量消費、庇護制を採用。
 庇護制はリネージ固有の社会制度で、善良なまま奴隷捕縛を可能にする唯一の方法。
大量消費:
 中程度の維持管理費
 ・+1:全都市
 ・+25%:全都市
 ・+2:各専門家
 ・+1:酒場、劇場、市場
庇護制:
 高額の維持管理費
 ・ユニット無償枠増加:総人口の30%
 ・-10% 厭戦感情
 ・+25%:全都市
 ・+1:村、町、自治区
 ・+25% 奴隷捕縛確率
再誕の時代季-166秋 [111T] :
 ヒョールを占領。これでシェアイムの主力が壊滅。
 あとは都市を適当に刈り取って属国化させる予定。

アケロン周辺
再誕の時代172季-秋 [115T] :
 東部分。アケロンのいる蛮族都市に遮られてアルタイルは北上できなかった模様。
 シェアイム戦が落ち着いたらこちらの空き地もいただいておこう。

 首都ラヴァハキアで禁書の地下墓所が完成。
 今回のメンバーはみんな遺産を作らないようなので遠慮なく建てていく。
禁書の地下墓所:
 +8、+8、+2(偉大な賢者)
 ・1古書物を供給
 ・無償の魔術師ギルドをすべての都市に
 ・+1 都市の賢者枠:全都市
 ・新規の秘術ユニットに+1無償の昇進:全都市


グロッティブルグ占領
再誕の時代175季-秋 [117T] :
 グロッティブルグを占領。
再誕の時代186季-春 [124T] :
 5人目の偉人誕生。大賢者。首都ラヴァハキアにアカデミーを建設。
 大指揮官ばっかり湧くのでアカデミーが遅れるのがリネージのちょっと痛いとこ。
 ひっそりと常闇ノ国が滅亡。

ガルヴェホルム占領シェアイム降伏
再誕の時代187季-秋 [125T] :
 シェアイムの首都ガルヴェホルムを占領。
 シェアイムを属国化。
再誕の時代195季-春 [130T] :
 ネクロゾールによって終末への大儀式「魂返し」発動。
再誕の時代198季-春 [132T] :
 柱守ヤーヴェがユスデニィ・アターカスに宣戦布告。
 英雄デリック・アルムート誕生。
 リネージに3人いる英雄の1人。
 護衛の昇進を持った防御系ユニットで、敵に止めを刺すことができない。
再誕の時代202季-秋 [135T] :
 ノービアイが滅亡。
 恐らくクリオテイテのヘルネがノービアイを併呑。
 勝利条件に気を付けておかないと独走される可能性も出てきた。

蛮族都市ストラァタス占領兵站基地の追加
再誕の時代204季-春 [136T] :
 蛮族都市ストラァタスを占領。
 竜の財宝から得られる竜玉石は戦闘ユニットが強化されるので嬉しい。
 蛮族都市の文化が消えたので、空き地で兵站基地の建設を開始する。
竜の財宝:
 +4、+10、+16
 ・1宝石、1金、1真珠、1竜玉石を供給
 ・都市に駐留するユニットに炎の矢を与える
 ・都市に駐留するユニットに呪付の刃を与える
 ・都市に駐留するユニットに呪文の杖を与える(28%の確率)
 ・都市に駐留するユニットにミスリルの武器を与える(2%の確率)
竜玉石:
 適切な兵科の新規ユニットに竜玉石の武器を与える

 竜玉石の武器:
 ・+10% 巻き添え被害
 ・+1回 先制攻撃
 ・+10% 戦闘力
再誕の時代207季-春 [138T] :
 首都ラヴァハキアでティターンの巨像が完成。
ティターンの巨像:
 +2(偉大な指揮官)
 ・新規ユニットに+2経験値:すべての都市

天地の災い
再誕の時代208季-秋 [139T] :
 ネクロゾールによって終末への大儀式「天地の災い」発動。
 アケロンの都市を落として空き地がたくさんある状況で蛮族の精霊が大量発生。非常に困る。
 なんか天地の災いと関係ないテスカポリトカまでいるし...。
第5都市リフォニ建設第6都市ダンカ建設
 第5都市リフォニ、第6都市ダンカ建設。
 めげずに都市だけは建設。ここで回復しながら蛮族を殲滅していこう。
外交関係
 そして次なる目標を選定中。
 ・終末への儀式を進めているアリストラク
 ・ルオンノタルの祭壇を建てているエロヒム
 ・支配の塔or文化勝利が気になるクリオテイテ
 国境を接している文明はアリストラクとアルタイル。
 アルタイルの喧嘩っ早さは少し気になるものの、
 勝利条件に近いところで言うとアリストラクの方が優先度は高くなる。

 エロヒムとクリオテイテはまだテクノロジー的にも先の話なので優先度は低め。
 勝利条件に近づいたら首都だけ割りにいけばいいかなって感じ。

 というわけで、次はアリストラク行きが決定!
 ただし、アルタイルが万が一こっちに来た時のことも考えて軍を補充しておく。
再誕の時代213季-春 [142T] :
 英雄マルティン誕生。
 2人目は攻撃特化で紙防御な英雄。
 育つまではデリック・アルムートと一緒に行動させた方がいいかな。

[OAC][不死] リネージのジョリスターペン 後編に続く...。

posted by ふぇび〜 at 18:57| Comment(0)| TrackBack(0)| Civilization
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック