2014年12月13日

Civilization:BeyondEarth 12/8のメジャーパッチ情報和訳

12/8に適用されたメジャーパッチの内容を和訳してみました。
基本的にGoogle翻訳通してから分かりやすい感じに直しただけなので、間違いがあるかもしれないです。
それと、訳せなかった部分もあります。


Civ:BEの初となる大型パッチが利用可能となったことをお知らせします。
このゲームをFiraxisGamesとともに発売以来フィードバックを送ってくださったみなさんの努力の結果は、Steamからゲームを起動することで自動的に適用されます。
パッチが適用されないときはSteamを再起動してみてください。

144Hzのモニタを使用してプレイしていると発生する問題、実績解除が行えなかった問題が解決されます。
それから、交易ルートからの収益を最適化したり、特定の諜報活動を一掃したりといったコミュニティからのリクエストにも応えます。
かなりのアップデート項目がありますので、ゲームに戻る前にじっくりとその内容を確認してください。

■パッチノート

○バランス

遺産と建造物:
・ホロンチャンバーの出力が5から3、4となります。
・マインドステムがエネルギーによって購入できなくなります。

外交:
・外交時の取引は平和条約と引き換えに交換することができるようになります。
・一括でのエネルギー取引をするには協定関係であることが条件となります。

交易:
・水上交易による収益の増加がなくなります。
・都市間の交易について収入の減少量に関する計算式が変更されます。
・交易拠点がエネルギーによって購入できなくなります。

エイリアン:
・友好的なエイリアンの巣を排除すると、所持しているゼノマスが削除されるようになります。
・より攻撃的な行動をとるために、敵対心レベルが中立に戻るまでの速度を遅くします。

諜報:
・ネットワーク確立のミッションは難易度0となって陰謀ポイントを産出しなくなります。
 これにより陰謀ポイントを不当に溜めることを防ぎます。

健康度に関するバランス:
・-20 〜 -70:に応じて1%ずつ減少(最大-50%)
・-15 〜 -65:敵の諜報活動による陰謀ポイントがに応じて2%ずつ増加(最大+100%)
・-10 〜 -60:に応じて1%ずつ減少(最大-50%)
・-5 〜 -55:に応じて1%ずつ減少(最大-50%)
・0 〜 -50:前哨地の成長速度がに応じて2%ずつ減少(最大-100%)
・0 〜 -50:都市の成長速度がに応じて2%ずつ減少(最大-100%)
・1 〜 5:効果なし
・5 〜 25:に応じて1%ずつ増加(最大+20%)
・10 〜 30:敵の諜報活動による陰謀ポイントがに応じて2%ずつ減少(最大-40%)
・15 〜 35:に応じて1%ずつ増加(最大+20%)
・20 〜 40:に応じて1%ずつ増加(最大+20%)
・25 〜 45:都市の成長速度がに応じて1%ずつ増加(最大+20%)
・25 〜 45:前哨地の成長速度がに応じて2%ずつ増加(最大+40%)

美徳:
・「充足」(繁栄のTier3)によるの軽減率が25%から15%になります。
・「学習拠点」(知識のTier3)によるアカデミーからのが+2から+1になります。

セットアップ:
・スポンサー
 - ワジーム・コズロフ
  旧:軌道ユニットの軌道滞留時間+20%
    最初の衛星ユニットを打ち上げた時にテクノロジーを1つ無償で獲得
  新:軌道ユニットの軌道滞留時間+50%かつ、の資源があればさらに+50%
 - サマタール・ジャマ・バレ
  旧:時に発展中の都市で食料+10%
  新:時に発展中の都市で食料+10%
    都市へ発展時に「かつての地球の遺物」が供給される
 - レジナルド・ドゥ・アレンカー
  旧:近接戦闘時、ユニットの戦闘力+10%
  新:近接戦闘時、ユニットの戦闘力+10%
    すべてのユニットは防御時に回復量+5
 - エロディ
  旧:美徳を10個発展させる毎に無償のテクノロジーを1つ獲得
  新:によって美徳を10個獲得するごとに無償の美徳を1つ獲得
・入植者
 - 貴族
  旧:全都市の+3、+1
  新:全都市の+4
 - 芸術家
  旧:全都市の+2、+1
  新:全都市の+3

テックウェブ:
・瘴気の排除の解禁テクノロジーが「エイリアン生態学」から「生態学」へ変更
・瘴気リパルサーの解禁テクノロジーが「生態学」から「エイリアン生態学」へ変更
・アレイへのボーナスが「軌道オートメーション」から「宇宙力学」へ変更
・惑星穿孔砲の解禁テクノロジーが「宇宙力学」から「軌道オートメーション」へ変更
・マルコフ・エクリプスの解禁テクノロジーが「人工知能」から「超越数学」へ変更

ステーション:
・ステーション出現のターンが20から30へ変更
・ステーション出現の際、別のステーションとの最小距離が3から2へ変更
・ステーション出現の際、都市との最小距離が5から6へ変更
・ステーション出現の際、前哨地との最小距離が3から5へ変更

アフィニティ:
・調和 Lv1
 旧:エイリアンは敵対心レベルが半分の時間で中立に戻る
 新:エクスプローラーユニットが瘴気からのダメージを受けない
・純血 Lv1
 旧:エイリアンがエクスプローラーユニットを攻撃しなくなる
 新:エクスプローラーユニットの戦闘力が防御時に2倍になる

クエスト:
・クエスト報酬によって獲得できるアフィニティポイントは、最初の100ターンをかけて徐々に強化されていくようになります。
 なお、このターン数はゲーム速度スタンダード時の物であり、ゲーム速度の設定によって変化します。
・アフィニティクエストはすべてのプレイヤーが同じターン内に発生するようになります。
 それができない場合は、同じターン内でクエストが行えるようになるまで待機されます。
・オートプラントに関連するクエストの選択肢の内、交易路+1がボーナスへ変更されます。

ユニット:
・エクスプローラーの戦闘力を3から6へ変更
・海軍ユニットの遠隔攻撃に対する防御値は、他のユニットと同じように戦闘力の最も高い数値を参照するようになります。
・コンバットローバーユニットは強化や地形からの防御ボーナスを受けられなくなります。
・アフィニティ固有ユニットの内、ハイブリッドアップグレードに必要な2つ目のアフィニティレベルが上昇します。
 - Tier1(ゼノスウォーム、バトルスーツ、CNDR)
  ハイブリッドアップグレードに必要なサブのアフィニティレベルを2から4へ変更
  例)ゼノスウォームから最高位のゼノスウォームへアップグレードするには調和Lv10と至高Lv4が必要になる
 - Tier2(ゼノ機甲部隊、イージス、CARVR)
  ハイブリッドアップグレードに必要なサブのアフィニティレベルを3から5へ変更
 - Tier3(ロクトパス、LEV戦車、SABR)
  ハイブリッドアップグレードに必要なサブのアフィニティレベルを4から6へ変更
 - Tier4(ゼノタイタン、LEVデストロイヤー、ANGEL)
  ハイブリッドアップグレードに必要なサブのアフィニティレベルを5から7へ変更
・アフィニティ固有ユニットの生産に必要な戦略資源の個数に一貫性を持たせ、必要数を減少させてより容易に生産できるようにします。
 Tier1では1個、Tier2では2個、Tier3では3個、Tier4では5個となります。
 - CARVRの生産に必要なの個数が3から2へ変更
 - ロクトパスの生産に必要な資源が3、1から2、1へ変更
 - LEV戦車の生産に必要なの個数が4から3へ変更
 - SABRの生産に必要なの個数が4から3へ変更
 - ゼノタイタンの生産に必要なの個数が7から5へ変更
 - LEVデストロイヤーの生産に必要なの個数が7から5へ変更
 - ANGELの生産に必要なの個数が6から5へ変更
・コンバットローバー系とミサイルローバー系ユニットのアップグレード後の生産コストが上昇します。
 - コンバットローバー系は生産コストが80/140/220/320から80/160/260/370へ変更
 - ミサイルローバー系の生産コストが100/180/270/370から100/190/290/400へ変更
・コンバットローバー系ユニットのアップグレード後の戦闘力を低下させます。
 - コンバットローバー系ユニットの戦闘力が12/18/32/52から12/18/28/52へ変更
・アフィニティ固有ユニットの戦闘力は、一般的にアップグレード前の戦闘力を低下させることで、全体的に弱体化させます。
 - ゼノスォームの戦闘力を34から22へ変更
 - ゼノ機甲部隊の戦闘力を48から36へ変更
 - 進化したロクトパスの戦闘力を82から92へ変更
 - ゼノタイタンの戦闘力を96から86へ変更
 - バトルスーツの戦闘力を40から24へ変更
 - イージス、進化したイージスの遠隔攻撃力を40から34へ変更
 - LEV戦車の戦闘力を52から44へ変更
 - LEVデストロイヤーの戦闘力を84から74へ変更
 - CNDRの戦闘力を38から24へ変更
 - CARVRの戦闘力を50から38へ変更
 - SABRの戦闘力を58から52へ変更
 - ANGELの戦闘力を近接88、遠隔88から近接78、遠隔78へ変更
  進化したANGELの戦闘力を近接102、遠隔102から近接88、遠隔102へ変更

AI:
・プレイヤーが「もう1ターン」のボタンを押した後は、AIは制圧勝利のみを目指すようになります
・(?)Warmonger threat per city acquisition is now capped.
・(?)Warmonger calculation now scaled down when cities are taken by Sponsors that are reacting to a war that was declared upon them (that is, when that civ is not the aggressor).
・高難易度におけるAIへのボーナスを調整
・その他、AIの改良と微調整

ゲームプレイフィードバック:
・プレイヤーからのフィードバックを実装


○UI

設定:
・GPUがEQAAをサポートしている場合、ビデオオプションでMSAAの代わりにEQAAを表示するようになりました。
・UI画面とマップにブラー効果を適用するかの設定を追加。
・最大ターン数を設定すると勝利実績が無効になる旨の注意を表示するようになりました。

交易:
・直前の交易路を独自のカテゴリとして分離し、交易路選択時に一番上に表示されるように変更

都市画面:
健康度のヘルプツールチップを追加することで健康度のリソースと人口の制限について確認できるようになりました。


○その他
・勝利時でも「もう1ターン」のボタンを、敗北時にはその理由をそれぞれ表示するように変更
・ミニマップを不透明にする設定を追加
・軌道モード時にESCキーを押した際、メニューの表示ではなく軌道モードを抜けるように変更
・諜報画面でミッションごとにバッヂを表示するようになりました
 また、プレイヤーが高い陰謀ポイントの都市を持っている場合には警告が表示されるようになりました
・テックウェブ上で建造物と遺産のアイコンに色を追加しました
・交易団と交易船に関するアドバイザーを追加
・外交画面で第三者間の戦争情報が確認できるようになりました
・UltrabookやSurface Proなどのタッチパネルに対応


○マルチ
・インターネットサーバーブラウザーリスト距離フィルタリング(?)を設定
・勝利条件のための遺産を完成させると、他のプレイヤーに通知されるようになりました
・安定性向上のための調整


○MOD関連
・2Dのフォールバック画像は最低の設定だけでなく、すべての画質設定についてサポート
・クエストに関する項目を追加


○不具合
・ワーカーが略奪された海洋資源を正常に修復できるように修正
・実績解除をしないように最大ターンが「リロード」に設定されていた(?)不具合を修正
・チームプレイで勝利した際、最初のプレイヤーのみ実績解除していた不具合を修正
・AIターン中に空の取引要求が発生する不具合を修正
・クエストに関するいくつかの不具合を修正
・特定のモニタで発生していた正しくゲーム画面が表示されない不具合を修正
・最大ターン数の設定は時間勝利にのみ影響します
 時間勝利のため、最大ターン数を設定したり、ターン数を100以上に設定してはいけません(?)
 他のすべての勝利条件は最大ターン数に関係なく達成できます
・友好的なエイリアンはもはや封鎖された都市
・資源の所持数が正常に表示されないことがあった不具合を修正
・多くの不具合修正はコミュニティからのフィードバックに基づいて取り組んだ。ありがとう!

posted by ふぇび〜 at 15:40| Comment(0)| TrackBack(0)| Civilization
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック